とりあえずSIMカードが欲しい!超短期で契約できる格安SIMってあるの?

タブレット男女

「SIMカード入れれば使えるんだけど、まだ入れていなくてWi-Fiが無いとつながらないんだよね!」

実はこんな人、よく見かけるんです。僕もその一人(笑)

僕は最近SIMフリーのタブレットを買ったのですが、Wi-Fi環境でしか使えないのはもったいない!ということで、「とりあえずSIMカードを使いたいならドコがいいの?」を調べてみました。

長く使うかはわからないけど、短期で様子見のような契約したい人にも参考になると思うので、

  • 海外から一時的に帰国しているときにSIMカードが欲しい
  • SIMフリーの端末の動作チェックをしたい
  • 外出先で超短期でネット環境が一時的に必要

という方もぜひチェックしてみてください。それでは4つのパターンはじめます!

プリペイドが一番手っ取り早い!

こちら白衣

まず、一番安く済むであろうSIMカードの購入方法は、プリペイド式です。

超短期で、動作チェックや本当にごくわずかで一時的な使用に向いています。逆にデータ通信を多く使う人や、3,4ヶ月使う予定の方は↓のほうのSIMがいいかもしれません。

とりあえず自分のタブレットやスマホにSIMを入れたいのであれば、プリペイドを試してみる手があります。

契約期間の縛りも無いですし、事務手数料もかからないのですぐに始められ、すぐにやめられます。(笑)

プリペイドを発行している会社はいくつかありますが、格安SIMの代理店である「IIJmio」はプリペイドSIMも発行しています。価格は3,791円(税抜)で、データ使用量は2GBまで。期間は3ヵ月使うことが出来ます。

ただ、このSIMは「データSIM」なので、動作チェックやインターネットはできるものの、通話をすることは出来ません。

通話をしたい場合は下記のSIMをチェックしてもらうか、IP電話アプリを使うことによって通話が可能になります。

IIJmio詳細

ただ、プリペイドSIMは上のページから購入できないようなので、IIJmioの公式サイトによるとAmazonでカードを購入することになっています。

Amazonを見ると、IIJmio以外にも以前記事で取り上げたソネットOCNモバイルBIGLOBEもプリペイドを扱っているようですね。ちなみに今僕はOCNのSIM使ってます。

プリペイドだとクレジットカードの登録がなしで現金だけで買えるのもいいところですね。

事務手数料がかからないSIMをチェック!

タブレット女性(あなた)

2016年6月1日追記:事務手数料無料とお試しキャンペーンどちらも終わっているので、GMOとくとくSIMは今のところベストではないと思います~。移り変わりが激しいですね!⇒解約もした記事参照

事務手数料というのは、SIMカードを購入するときに必ずかかってしまう3240円(税込)のことです。

これは基本的にどこの会社で契約してもかかってしまうのですが、「超短期間で使いたいから3000円なんて払っていられない!」という声が聞こえてきそうです。

ということで、初回に必ずかかる3240円が無料のSIMが「GMO とくとくSIM」です。(ちなみにコレもデータSIMのみ。最安値は月額584円~!当サイトで紹介した過去記事はこちら。

ただ、このキャンペーンは2016年4月30日までなので、これからも続くかはわかりません。

今は事務手数料無料のキャンペーンは終わってしまいました。代わりに5月31日までお試しキャンペーンをやっています。

GMOが事務手数料無料のキャンペーンをやめてしまったら、他の会社が似たようなキャンペーンをしそうなものですが^^;

でも今とにかくSIMをゲットしたいのであれば、GMOとくとくSIM。家にSIMを使えるのにSIMが入っていない端末があったら、とりあえず使ってみるSIMによさそうですね。

GMOとくとくBBSIM詳細

契約期間の縛りが無いSIMをチェック!

タブレットを持つ女性

最後に紹介するのは、「契約期間の縛りが無いSIM」です。

1つ目にあげたプリペイドも、2つ目の事務手数料が無料のものも、音声SIMには対応していませんでしたが、こちらのSIMであれば音声通話も可能です。(もちろんデータSIMもあります)

データSIM以外は契約時に半年の縛りや、1年の最低利用期間の縛りが設けられています。

でもここで紹介するSIMであれば、超短期での使用もOKです。

イオンモバイル詳細

イオンモバイルのSIMは、データSIMと音声SIMどちらも最低利用期間の縛りがなしです。

最初に事務手数料3240円はかかってしまうものの、いつ解約しても違約金は発生しません。これなら超短期の使用もOK!

イオンモバイルの特徴は以前に記事にしたことがあるので、チェックしてみてください。

半年間無料のSIMをチェック!

タブレット・驚く

最後に検討できるのが、半年間使用料が無料のSIMです。DTIが発行しているSIMカードです。僕も使っています。

参考記事はこちら。

事務手数料3240円はかかってしまいますが、その後6ヶ月間は無料で使うことが出来ます。

データ使用量は3GBまで。音声SIMプランもあって、こちらもデータ使用量3GBまで無料+音声通話が可能です。

ただ注意したいのは、音声プランの場合は1年の最低利用期間があって、1年以内に解約すると9800円の違約金が発生してしまいます。

音声プランを考えている人は、上にある「最低利用期間が無いSIM」のほうが安くなると思います。

データSIMを検討している人にとっては、短い期間ではありますがそれでも6ヶ月無料で使えるので、かなりお得になると思います。こちらは最低利用期間がありません。

DTI SIM詳細

超短期で使うSIMカードのまとめ

今回ご紹介した4つの短期使用に向いているSIMカードの購入方法、簡単にまとめてみます。

ちなみに僕は、新しく購入したiPad用の動作チェック用に、事務手数料が無料のものを契約してみようと思います。⇒事務手数料無料のキャンペーンは終わってしまいました。
半年間無料のSIMは6月末までキャンペーンやっているようなので、コレは後からでもいいかな(笑)

⇒(2016年6月1日追記)ということで、DTIのSIMに申し込んできました。詳細はこちら!

でも上の価格設定を見る限り、現状一番安くなっているのは半年間無料のDTISIMだと思います。

短い期間、とりあえず一時的でもいいから手持ちの端末にSIMを入れて外出先でも使ってみるぞ!という方、ぜひ気になるSIMをチェックしてみてくださいね。

追記:SIM購入のときにチェックしたいSIMカードのサイズについて

どの会社のSIMカードを購入するにしても、あなたの端末に合ったサイズを選んでくださいね。今はmicroSIMが主流で、最近のAppleの製品(iPhone,iPad)だとnanoSIMを選ぶことになると思います。※参考:Apple製品に対応するSIMカードのタイプを確認

タブレットで使いたい!格安データSIMカード番付

DTI

DTI SIM 半年間無料キャンペーン

 

今現在一番安く格安SIMを始められるのがDTI!

半年間無料で使えるSIMはこれだけ。最初に事務手数料だけ払う必要はありますけどね。

イオンモバイルはずっと安いですが、この半年について言えばDTIが一番安いでしょう!

今使っているスマホに使ってもいいかもしれないです^^

イオンモバイル

格安SIMがまるごとわかる本(晋遊舎)で22ブランド中総合ランキング1位のSIMです。

ブランド力もあるイオン系列のイオンモバイルなら、値段もサービスもばっちりです。

月額480円~始められる価格の安さや、最低利用期間が無い点もバランスがとれていますね!

mineo

au系回線でも使える格安SIMです!

ドコモの端末、auの端末、SIMフリーの端末で使える便利さがありますね。

総合ランキングではイオンモバイルに次ぐ2位にランクイン。

値段・速度のバランスがよく、ドコモとauの2回線に対応しているのが高評価ですね!

 

      2016/06/01

 - タブレットと格安SIM , , ,